ウォーターサーバーイメージ

家庭用ウォーターサーバーを上手に使う

今やウォーターサーバーは、オフィスだけではなく家庭用としても普及しつつあります。
ひとつのサーバーで冷水と熱湯が出るという便利さで、水道水を飲むことに抵抗があった人には気軽にミネラルウォーターが飲めるのは嬉しいことです。
便利なものでありますが、家庭用となると気になるのがコストです。
ペットボトルを買って飲むよりはもちろん割安なのですが、やはりサーバーのレンタル料、メンテナンス料金や電気代などのことも考えないといけません。
契約をするときに解約時にかかる料金も把握しておく必要があります。
サーバーのレンタルは無料の所もありますが、料金がかかるところもあります。
そして水を貯めておく装置なので、細菌が沸いたりしないように掃除などのフォローや故障した時のメンテナンスの料金を含んでいるかどうかも事前に確かめる必要があります。
家庭用のポットなどでもわかるようにお湯を沸かしたり、保温をしておく機能があると電気代もかかります。
電気代がどれだけかかるかもきちんと把握しておくことが大切です。
そして意外と見落としがちなのが、水の注文の仕方です。
メーカーによっては、毎月の注文量のノルマがあって、あまり消費をしない家庭であると水が使い切れずに残ってしまう場合もあります。
水がなくなってその都度注文できるものならいいのですが、定期で注文になると、どんどん溜まっていってしまうこともあります。
そして水のボトルもワンウェイのものとガロンボトルといってボトルを返却してリサイクルをして使うものがあります。
ガロンボトルはゴミが出ないので、ゴミを減らせるというエコとしてもお勧めですが、回収時に在宅をしていないとならず、仕事で忙しい人には不向きな方法です。
価格を比較してみると若干、ガロンボトル方式の方が安いようですがこれもメーカーによって値段がかなり違うので、その家庭に合ったものを選ぶことがお勧めです。
消費電力についても、きちんと考えられているサーバーもあり、エコモードや省エネモードといった機能がついているものもあります。
そしてお湯の給湯が必要ないといった場合は冷水機能だけのものもあります。
その場合、大きなものではなくて卓上の小さなものもありますので、一人暮らしや少人数家族にはそちらの方がいいかもしれません。
そして肝心の水の味ですが、特殊なろ過装置で水をろ過してミネラル分を追加するものと、天然水のものがあります。
味にこだわりを持つ人は天然水がお勧めです。
しかし、水に含まれる不純物が気になる方にはろ過膜がついた装置のものが安心して飲むことができます。
赤ちゃんのミルクや飲み物用には、ミネラル分が多く、硬いものが多い天然水よりも不純物が取り除かれたろ過水の方がお勧めです。
女性の美容のためには、ミネラル分を多く含む硬水の天然水を飲むと便秘解消や身体の代謝がよくなるので、ダイエットにもなると言われています。
このように冷たくて美味しい水が手軽に飲めるウォーターサーバーですが、たくさんのメーカーのものがあります。
費用や目的をきちんと見定めて、自分や家族のニーズに合ったものを、比較検討して上手に取り入れていきたいものです。

Copyright(C) 2010 水を比較しよう.com All Rights Reserved.